読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小ネタ2話

・とある広めのお洋服屋さんに行ったときのこと

メンズの売り場をうろちょろしてたら
「すいません!」
と声をかけられました。
振り返るとそこには中年の女性客が一人。
その女性は続けて

「あの、紳士もので、こう、襟のあるシャツなどを探してて…」



へぇ……(・∀・)








……(・∀・)









え(・∀・:)!?



なんと店員さんと間違えられたみたい松浦(笑)!
ちょうどそのとき試着しようと思って3着ぐらい服を持ってたのと
シックなシャツを着て行ってたからでしょうか(笑)。。。


そして突然のことにびっくりした松浦の口をついて出てきた言葉は…






「あ、それでしたらあちらにあります!」






(爆)







昔接客業やってたしその店は何回か行ったことあって配置も分かっていたので
そのまま何の滞りもなくシャツのコーナーに案内。

「大体こちらから奥にシャツ類が置いてますね!」

「ああ!ありがとうございます!」


そして何事もなかったかのようにまた自分の服を物色する松浦。
なんやねんこれ(笑)。
一人で行ってたからギャラリーおらんかったしめちゃめちゃシュールな時間でした(・∀・)








・児童クラブにて

勤務時間を終えて学校を出る前に軽くケータイをチェックしてたら四年生の女の子二人が

「シンヤー、何見よーん、見せてー!」

と寄って来ました。

「イヤよー、こら、やめぃ!」

などとやってましたが
"あれ、そういや四年生は加藤先生(松原)のこと知っとるよな…"
と思ってGiraffe toneのアー写を見せてみました。

「見てやコレ!先生のバンドの写真!加藤先生もおるで!」


f:id:SNY-blog:20160518202446j:image


女児A「えーー!!なんなんこれー!!」
女児B「え!なになに??見せて!」
女児A「いやー、シンヤも加藤もかっこつけとるー!!笑」
オレ「おい!笑」
女児B「シンヤ先生ふつうの服着とる!」
オレ「仕事じゃないけんな!」(学童はジャージで出勤してる)
女児A「キモーー!笑」
オレ「お前なあ!笑」
女児B「あ、先生これ入院しとるとき?」
オレ「入院?ああ、違うよ、先月身体悪かったけど入院はしてないよ?」
女児B「でもこれ帽子かぶってる」
オレ「? うん、そやね!   ?」
女児B「そーなん、病院おるんかと思った!」
オレ「…………………」
オレ「………あっ!?違うぞ!?これオシャレでかぶっとんぞ!?誰がお前投薬の副作用でみたいな
女児B「先生見せてくれてありがとうございました✨」
オレ「あ、ど、どういたしまして……」




まあまあ辛辣やけどそのコが可愛すぎて一切怒りとかなかった(笑)。